お知らせ

メニュー

1. 学校概要2.校長より3. 入学案内、学校説明会4. 外国語科5. 学校自己評価6. 進路指導・学習指導8. 年間行事予定9. 部活動10. PTA・後援会より11.事務室より12.同窓会より13.活性化・特色化方針14.人事応募15.南稜高校いじめ防止基本方針16.教科書選定17.保護者の方へ18.ホームページ・サイトポリシー

携帯電話でのアクセス

携帯電話からもこのページ中央の「新着情報」が閲覧できます。下のニ次元バーコードをご利用ください。
   
 

技法講座 12月18日(火)

 リキテックスというアクリル絵具を販売している株式会社バニーコルアートの講師を招いて、アクリル絵具の技法講座を行いました。不透明なガッシュやリキッド、マーカーなど画材の違いによる表現の差、メディウムを使用することによって得られる効果的なマチェールなどを実際に体験できました。メーカーの指導者に教わる貴重な機会ですが、生徒は楽しめたようです。今後の制作に活用できればと考えています。

 

 
 

埼玉県高校美術展~ 全国大会決定!! 12月2日(日)

 高校美術展が開催され、最終日の今日は表彰式、全体講評・個別公表などが行われました。本校からは2年生 遠藤樺乃さんの作品「孤城落猫」が優秀賞を受賞し、来年度佐賀で開催される全国大会(全国高等学校総合文化祭佐賀大会)に埼玉県代表として出品が決定しました!
 本人が「動くネコの上に建造物を堆積させることによって不安定感を表現したかった」という画面は、にじみやぼかしを生かした独自の水彩風の色彩に、ペンで細密に描き込んで形を表現しています。イラストレーション的なアプローチで独自な世界観を構築し、観る人にストーリーを感じさせる構成と圧倒的な完成度が評価されました。遠藤さんの作品は「楽しんで出力(=表現)しているのが伝わる」と、全体講評会でも取り上げられました。
 また、同じく2年生の恵飛須恵美さんの作品「赤裸々」は奨励賞を受賞しました。黒ペンのみで描くモノトーンのさくひんで、漫画的なタッチを積み重ねることにより、人間の欲望を比喩的に表現しました。


↑遠藤さんと作品「孤城落猫」


↑恵飛須さんと作品「赤裸々」

 
↑ポスター部門に出品                       ↑ミクストメディアで表現した立体作品

 
↑全体講評会でも取り上げられました。             ↑個別講評会も終わり!


↑最後にみんなで記念写真
 

制作~締め切り直前!11月24日(土)

 美術部の普段の活動は土日も含め自由参加です。和気あいあいと楽しく制作がモットーですが、そろそろ締め切り直前・・・高校美術展を3日後に控え、みな真剣モードになって制作しています。しかし、終わるかな・・・何とか完成を目指して頑張ります!




 

文化祭美術部展示 9月7日(金)・8日(土)

 南稜高校のオリーブフェスティバル(文化祭)が開催されました。
 美術部はこの1年間に取り組んだ絵画・デザイン・立体作品の他、イラストレーション色紙、夏合宿で制作した風景写生水彩、合宿やオープンキャンパスのビジュアルボード、各自の個人的なイラストレーション・スケッチブックなどを展示しました。また、ラミネートカードやプラ板、UVレジンなどを用いて作ったアクセサリーや部誌の販売、塗り絵やプラ板の体験講座などをすべて部員が手分けして企画・運営しました。多くの方に参観いただいたことを感謝いたします。ありがとうございました。
 10日(月)の閉祭式では文化部部門2位の結果をいただき、表彰されました!




 

全国大会にて作品展示!(8月8日~10日/大宮ソニックシティ)

 全国高等学校美術工芸教育研究埼玉大会2018がソニックシティで開催されました。会場では南稜高校の実践「木彫パズル」もポスターセッションとして展示・発表されました。
 また、昨年の高校美術展で優秀賞を受賞した、美術部3年生の立川侑伊さんの作品「木星」が県代表として展示されました。



 

第19回高校生国際美術展(8月8日~19日/国立新美術館)

中西琉名さんと弘中美砂季さんが奨励賞受賞!!

 第19回高校生国際美術展が六本木の国立新美術館で開催され、2年生の中西琉名さんと弘中美砂季さんが奨励賞を受賞しました。全国の高校生の作品の他、海外の高校生の作品も展示され、リッツカールトンホテルで授賞式も行われました。展示を見た2人は「ユニークな表現や多様な技法、様々な主題などに刺激を受けました。今後の制作に生かしていきたいと思いました」と話していました。


↑弘中さん


↑中西さん
 

美術部夏季校外合宿/8月4日(土)~6日(月)

 2泊3日で長野県の軽井沢に行ってきました。今年は演劇部と合同で行いました。8月4日は白糸の滝を見学し、美術部は軽井沢タリアセンにて風景の制作。5日は制作スポットを移動しながら制作。6日は全体講評会を実施し、帰りに善光寺を見学・散策しました。
 普段とは違う大自然の中で、夏の緑と風を満喫しながら風景を描きました。また、グループで美術館も見学しました。
 夜は演劇部と交流してバーベキューや花火を楽しみました。この合宿で描いた作品はオリーブフェスティバルで展示・発表しますのでぜひ見に来てください!



 

東北芸術工科大学オープンキャンパス/7月28日(土)

 2年生は山形県にある東北芸術工科大学のオープンキャンパスに参加しました。数多くの企画がある中、日本画と洋画を中心に廻りました。参加した2年生恵飛須恵美さんは「展示された作品はどれも個性的で圧倒的だった。また、力強く繊細な表現にとても感動した。今後の進路選択の幅を広げる良い機会になった。」と感想を述べていました。他にも学食を食べたり、似顔絵を描いてもらったりと充実した1日となりました。



 

埼高文連ニュースに掲載!/7月27日(金)発行

 7月27日発行の埼玉県高等学校文化連盟ニュースに、今年度の埼玉県高等学校総合文化祭のポスターに作品「心象累々」が採用された2年生遠藤樺乃さんの原稿が掲載されました。ポスター作品のテーマや技法などについて詳しく語っています。



 

お知らせ

6月13日(水)
 第35回埼玉県高等学校総合文化祭開会式並びに第42回全国高等学校総合文化祭壮行会が開催されました。本校からは昨年度に第60回高校美術展で優秀賞を受賞した遠藤樺乃の作品「心象累累」がこの総合文化祭のポスターに採用され、製作者として舞台で紹介されました。「文化から連想する言葉をビジュアルとして表現しました。美術部だけではなく頑張っているすべての文化部を応援したい、という気持ちを込めました。」とコメントしました。

←「制作した遠藤さん(後列左から2人目)と参加した美術部の2年生」




←「今年度の埼玉県高総文化祭ポスター「心象累累」」