メニュー
1. 学校概要2.校長より3. 入学案内、学校説明会4. 外国語科5. 学校自己評価6. 進路指導・学習指導7. 年間行事予定8. 部活動9. PTA・後援会より10.事務室より11.同窓会より12.活性化・特色化方針13.人事応募14.南稜高校いじめ防止基本方針15.教科書選定16.保護者の方へ17.ホームページ・サイトポリシー
カウンタ
4月8日からの訪問者362699

携帯電話でのアクセス

携帯電話からもこのページ中央の「新着情報」が閲覧できます。下のニ次元バーコードをご利用ください。
   
 

IMAGINE

運動部 トピックス 2012年3月~

■2012年3月30日
ボート部 荒川遠漕 Special Report
ボート部顧問:片岡勉

 3月29日(木)南稜高校ボート部男女総勢40名で、荒川戸田橋を基点に船堀橋までの往復45kmの荒川遠漕をおこなった。
 当日は天候に恵まれ、絶好の遠漕日和となった。往路の男女20名は4艇のツーリングボートに乗り込み、元気に荒川を下り始めた。9:10に戸田を出発し、荒川ロックゲートに12:00に到着、その後、旧中川沿いの大島小松川公園の桟橋に12:20に到着した。往路は約3時間で春の日差しの中、快適なツーリングを楽しめたようです。
 1時間の休憩後、男女19名と顧問の井上が13:30に桟橋を蹴り出し、戸田を目指して川上りを開始した。復路は風の影響を3時間40分かかったが、17:00に無事に到着するとこができた。夏の合宿以来の遠漕で部員は疲れもあったが、充実した1日を過ごせたと思う。
 偶然にも、荒川平井大橋付近は東京国体のボート競技の会場に予定されており、コンディションなどの確認をすることができた。
 参考までに、ツーリングボートとは、競技用ボートと異なり、水が艇内に入っても沈むことがない、安全性に優れたボートである。
往路  戸田橋9:10   扇大橋10:20   堀切橋10:50   
 荒川ロックゲート12:00  大島小松川公園桟橋 12:20
復路 大島小松川公園桟橋 13:30   扇大橋 15:50   戸田橋17:00
 
 

運動部トピックス 2011年7月~

■2012年3月30日
 ボート部 全国選抜
男子クォドルプル8位
女子シングルスカル21位
 3月23日~25日に静岡県浜松市天竜ボート場で行われた全国高校選抜大会で、南稜は、上記の成績を収めた。
 
 
■2012年2月7日
 ソフトテニス部
埼玉県インドア選手権(個人)
板垣・三浦ペア 準優勝
2月5日、くまがやドームにて
板垣夏葵(1年)・三浦菜留美(1年)ペア 一般女子準優勝 
 
 戸田市インドア大会(個人)
上田・篠崎ペア 準優勝

1月29日、戸田スポーツセンターにて
上田麻穂(2年)篠崎絵里加(2年)ぺア 準優勝
宮野莉歌(2年)佐藤美鈴(2年)ペア  第3位
 
■2011年11月13日
 ソフトテニス部
埼玉県新人大会(個人)
板垣・三浦ペア 優勝!
11月13日にくまがやドームで行われた大会で、下記の成績を収めました。
 
板垣夏葵(1年)・三浦菜留美(1年)ペア 優勝
佐藤真由(1年)・高橋奈々(1年)ペア ベスト32
上田麻穂(2年)・佐藤美鈴(2年)ペア 初戦敗退
高橋聖佳(2年)・保坂梨沙(2年)ペア 初戦敗退

写真(2人)左から三浦、板垣
写真(6人)左から上田・佐藤ペア、高橋・保坂ペア、佐藤・高橋ペア
 
■2011年9月16日
 ソフトテニス部
新人大会南部地区予選会(団体戦)
第3位で、県大会への出場が決まりました。
県大会出場権獲得団体戦メンバー
上田麻穂(2年)佐藤美鈴(2年)篠崎絵里加(2年)岡村茉優(2年)
板垣夏葵(1年)三浦菜留美(1年)佐藤真由(1年)高橋奈々(1年)
2回戦 対浦和南 2ー1 勝利
準々決勝 対国際学院 2ー1 勝利
準決勝 対川口総合 1ー2 惜敗
3位決定戦 対上尾 2ー1 勝利
 
■2011年9月14日
 ソフトテニス部
新人大会南部地区予選会(個人戦)
大宮天沼テニス公園にて
下記 4ペアが県大会出場へ
板垣夏葵(1年)・三浦菜留美(1年)ペア 枠外
佐藤真由(1年)・高橋奈々(1年)ペア  ベスト8
上田麻穂(2年)・佐藤美鈴(2年)ペア  敗者復活
高橋聖佳(2年)・保坂梨沙(2年)ペア  敗者復活
 
写真左: 2年生 高橋(左上)保坂(左下)上田(右上)佐藤(右下)
写真右: 1年生 佐藤(右)高橋(左)
 
■2011年9月5日
 ボート部 埼玉県新人戦
9月4日、5日 戸田漕艇場にて
全種目(男女各3種目)で3位以内に入賞
→全種目で関東大会出場決定!
  
 
◇女子
シングルスカル 佐藤 優勝
ダブルスカル (藤原、五十嵐) 優勝
クォドルプル (村田、大友、近野、岸田、斎藤) 3位
 
◇男子
シングルスカル 大石 2位
ダブルスカル (土屋、上中) 2位
クォドルプル (池山、駒場、納見、島崎、渡部) 3位
 
■2011年8月23日
 ソフトテニス部
南部支部ソフトテニス(個人一部)
大会大宮第二公園
 
◆板垣夏葵(1年)・三浦菜留美(1年)ペア 準優勝
2回戦 対 川口北 4ー0 勝利
3回戦 対 岩槻商 4ー0勝利
4回戦 対 国際学院 4ー0勝利
準々決勝 対 川口総合 4ー3勝利
準決勝 対 川口総合 4ー1勝利
決勝 対 上尾 3ー4惜敗
 
◆佐藤真由(1年)・高橋奈々(1年)ペア ベスト8
2回戦 対 浦和一女 4ー0 勝利
3回戦 対 上尾 4ー1勝利
4回戦 対 川口総合 4ー0勝利
準々決勝 対 上尾 2ー4惜敗
 
準優勝の板垣・三浦ペア 上が白、下が黒のユニフォーム
 
■2011年8月2日
ソフトテニス部インターハイ
2011 熱戦再来 北東北総体秋田県大館市高館テニスコート
板垣夏葵(1年)・三浦菜留美(1年)ペア
2回戦 対 村上高校(新潟) 3ー4 惜敗
 
 
■2011年7月22日
 ソフトテニス部大会報告
埼玉県選手権大会(国体二次予選)
大宮第二公園 にて
佐藤真由(1年)・高橋奈々(1年)ペア
1回戦 対 埼玉平成 4ー3 勝利
2回戦 対 武蔵越生 4ー0 勝利
3回戦 対 埼玉平成 1ー4惜敗  ベスト16
 
2011717
 ソフトテニス部大会報告
717日 埼玉県選手権大会国体一次予選
大宮第二公園にて
佐藤真由(1・高橋奈々(1ペア
722日 国体二次予選出場決定
2回戦 対 伊奈学園 4勝利
3回戦 対 浦和実業 4勝利
4回戦 対 上尾 4勝利
 
■2011年7月4日 
 女子サッカー部 渡邉千晶 
U-18トレセン県代表に
2011関東女子U-18トレセン選考経緯
女子サッカー部 顧問 細谷高良
 
 4月に行われた学総体の試合を観察していた県サッカー協会のトレセン選考委員から、本校の部員について、3年1名、2年2名、1年2名の候補者の使命を受けました。さらに本校から2年2名の推薦を追加しました。3年生は引退しため辞退し、結局、本校からは2年4名、1年2名が県トレセン選考会に参加することになりました。
 第1回の選考会は、6月4日(土)に久喜市総合運動公園サッカー場で行われ、全県から48名が集まり行われました。雨が断続的に降るコンディションでした。この選考会では、本校から1年生1名(渡邉千晶)が残りました。
 第2回の選考会は、6月25日(土)に久喜市総合運動公園サッカー場で行われ、全県から32名(3年15名、2年15名、1年7名)が集まりました。前回同様雨が断続的に降るコンディションでした。他校の強豪チームとの模擬試合を行った後、紅白戦が行われ各自の技量が観察されました。その後、選考委員による選考の結果、県代表20名(3年8名、2年8名、1年4名)が選ばれ、本校の渡邉千晶も1年生ながら、県代表に選考されました。
 

運動部トピックス 2011年6月~

■2011年6月10日 
 ソフトテニス部 
高校総体の県予選会大で活躍
全国高校総体ソフトテニス競技埼玉県予選会
6月10日大宮第2公園 個人戦
 
宮野初谷ペア↑
 
板垣三浦ペア↑
佐藤高橋ペア
 
板垣夏葵(1年)、三浦菜留美ペア(1年)
2回戦 対 市立川越 4ー0 勝利
3回戦 対 上尾 4ー0 勝利
4回戦 対 武蔵越生 4ー2 勝利
5回戦 対 不動岡 4ー0 勝利
準々決勝 対 埼玉平成 4ー1 勝利
準決勝 対 久喜 2ー4 惜敗 ベスト4
全国高校総体、東日本選手権大会出場権獲得
 

佐藤真由(1年)、高橋奈々ペア(1年)
2回戦 対 白岡 4ー0 勝利
3回戦 対 埼玉平成 3ー4 惜敗 ベスト64 

宮野莉歌(2年)、初谷亜紀ペア(2年)
1回戦 対 進修館 4ー1 勝利
2回戦 対 坂戸西 0ー4 惜敗  ベスト128


  
■2011年6月6日
祝 ソフトテニス部 関東大会 個人戦 ベスト32
6月5日狭山智光山にて
板垣夏葵(1年)、三浦菜留美ペア(
1年) 

 

運動部トピックス 2011年5月~

■2011年5月6日
 ボート部 男女全6種目 関東大会へ
県大会で全種目決勝、3種目優勝の快挙!
 
 
 本日(5月6日)戸田漕艇場で行われた関東大会の県予選会において、南稜は圧倒的な強さで、全種目決勝(6位以内)進出の偉業を成し遂げた。詳細は以下の通り。
 
【男子】
◇クォドルプル(4人+舵手) 南稜A 優勝
 (池山智大、青木大輔、駒場憲祐、松本裕介、小山和
◇ダブル 南稜A 優勝
 (渡部凌介、大野光)
◇シングル 上中 天 6位
 
【女子】
◇クォドルプル(4人+舵手) 南稜A 5位
 (村田綾香、岸田野花、大友美咲、斎藤摩子、近野康葉)
◇ダブル 南稜A 優勝
 (川本藍、五十嵐彩乃)
◇シングル 後藤茜 5位
 
 
 
■2011年5月6日
祝 ソフトテニス部 1年生大活躍!
関東大会、インターハイ予選出場権獲得!
  
 55日の関東大会県予選会個人戦において、1年生ペア2組が下記のような戦績を収めた。

◇板垣夏葵(1年)・三浦菜留美(1年)組  ベスト8

 関東大会、インターハイ予選出場権獲得

 5回戦 対 朝霞 42 勝利

 6回戦 対 埼玉平成 34 惜敗
 
 
◇佐藤真由(1年)・高橋奈々(1年)組 ベスト64 
 インターハイ予選出場権獲得

 2回戦 対 坂戸西 42 勝利

 3回戦 対 熊谷西 34 惜敗
 
■2011年5月2日
祝 ボート部 第61回戸田レガッタで大活躍!
 今年も戸田レガッタが、430日、51日の両日、戸田ボートコースで行われた。社会人も出場する大会で、今回も南稜ボート部は大活躍を見せた。
◇女子ダブル 優勝

 (川本藍、五十嵐彩乃)

男子クォドルプル 2

 (池山智大、青木大輔、駒場憲祐、松本裕介、小山和亮)

女子クォドルプル 6

 (村田綾香、岸田野花、大友美咲、斎藤摩子、近藤康葉)

ほか、複数の種目で準決勝進出するなど、南稜ボート部の存在感を見せつけた。
 
■2011年5月1日
 サッカー部 インターハイ地区予選 
初戦を大勝で突破!大宮光陵高校を9-0
 5月1日(日)本校でサッカーインターハイ地区予選の初戦が行われた。このところの不本意な結果が続いている。監督はもちろん、選手にも今大会に期すものがあるはずだ。どのように修正し、どんな仕上がりを見せるか注目の試合である。
 5月1日(日)は朝から、風が強くグランドには埃が舞い上がり、時には試合中に、グランドにいる選手の姿が見えなくなるほどの突風が吹き荒れることもあった。
 試合前、監督が「やっと選手が揃った」と本日の試合に自信を見せた。その通り、南稜は、ボールを支配し、果敢に攻めていく。前半15分頃、ロングシュートのこぼれ球を10番堀田が決めてから、南稜の怒濤のゴールラッシュが始まった。前半4点(堀田は、ハットトリック)、後半は5点合計で大量9得点をあげ、前半に危ない場面が1回みられたが、個人・組織・運動量で相手を圧倒した。また、後半には、大幅な選手交代もし、その選手が得点するなど初戦としては、上々の出来であったと思われる。
 次は、5月3日(火・祝)10:00~、本校グランドで、いずみ高校と大宮開成高校との勝者と県大会の切符をかけて戦う。
 

運動部 トピックス 2011年4月~

■20114月26日
 女子ソフトテニス部 1年生大活躍!
2、3年生の強豪を次々破り、地区大会準優勝!
 
板垣夏葵(1年)・三浦菜留美(1年)ペア 準優勝  
準決勝 対 川口総合高校 4-1で勝利
決勝戦 対 上尾高校 3-4で惜敗

佐藤真由(1年)・高橋奈々(1年)ペア ベスト32
4回戦 対 川口総合高校1-4で惜敗

上田麻穂(2年)・保坂梨沙(2年)ペア ベスト64
敗者復活戦 対 浦和北高校 0-4で惜敗

板垣・三浦 ペア

 

文化部 トピックス 2011年5月~

■2012年2月8日 
インターアクト部 
日韓インターアクト協議会報告
■2011年11月6日 
生物部 サイエンスフェア
化石発掘 子供たちの体験学習をサポート
 11月6日(日)、大宮ソニックシティ市民ホールで「高校生によるサイエンスフェア」が行われ、生物部は「化石発掘体験!」のブースで参加し、小中学生・子どもたちの体験学習を指導しました。

 この催しは、県教育委員会の主催で毎年行われており高校生が小中学生を対象に「楽しい科学教室」を指導したり、学校での研究成果をポスターにして発表するというものです。当日はあいにく雨となって例年よりも訪れた参加者は少なかったのですが、1日でおよそ150人の子どもたちに化石発掘の体験をしてもらうことが出来ました。体験した子どもたちは「本物の化石を掘ることができて楽しかった」「高校生にていねいに教えてもらって嬉しかった」と喜んでいました。
 
■2011年7月14日 
茶道部 夏の茶会
北浦和 恭慶館にて
 
 7月10日、武内先生が主催する宋光会の夏の茶会が行われました。南稜高校茶道部からも10人の部員が参加、立札席を担当し、多くのお客様のおもてなしをしました。部員は日ごろの部活動の成果を発揮し、お点前や立ち居振る舞いをお褒めいただきました。
 また、客としても茶席に参加した中で、千利休以来の茶道の歴史を学び、日本文化に触れた一日でした。(顧問 佐藤裕子
 
■2011年6月6日
生物部 環境観察活動に参加
大樹汚染を測定・分析
 
 生物部は埼玉県環境科学国際センターが呼びかける「身近な環境観察局」の測定活動に平成19年度より参加してきました。
 
 515日(日)にセンター主催による二酸化窒素(大気汚染物質)の分析作業があり、部員9名が加須市にあるセンターを訪ね研修してきました。分析作業に先だって指導者から測定の理論の解説があり、全県から送られてきた測定用カプセル約100検体を一般の参加者と共に分析しました。マイクロピペットや分光光度計など本格的な機器も使用して貴重な体験となりました。
 また、午後からはアサガオを使用した光化学オキシダント調査について説明会があり、オキシダント発生の原理や全国的な汚染状況など学習することができました。南稜高校でもアサガオを栽培しオキシダントの調査に参加する予定です。