メニュー
1. 学校概要2.校長より3. 入学案内、学校説明会4. 外国語科5. 学校自己評価6. 進路指導・学習指導7. 年間行事予定8. 部活動9. PTA・後援会より10.事務室より11.同窓会より12.活性化・特色化方針13.人事応募14.南稜高校いじめ防止基本方針15.教科書選定16.保護者の方へ17.ホームページ・サイトポリシー
カウンタ
4月8日からの訪問者295005

携帯電話でのアクセス

携帯電話からもこのページ中央の「新着情報」が閲覧できます。下のニ次元バーコードをご利用ください。
   
 

IMAGINE

ボート部 2013年 インターハイ

【選手手記】
福岡県遠賀川から選手の生の声をお届けします。
 
■2013年8月7日(6日執筆)
決勝の舞台に立てたことに感謝
全国制覇の夢を後輩に託して
納見英明(3年 男子ダブルスカル ストローク)
 
 本日は準決勝、決勝が行われました。準決勝は1位が決勝に、2位が順位決定戦にまわりま す。
 その準決勝、スタートで両隣の艇に出られてしまい決勝に行くのが難しい状況になりました。しかし、最後まであきらめずに漕ぎ、相手のミスオールも重なり1位でゴールすることができました。
 昨年のインターハイでは先輩たちと同じクルーで決勝に行くことができませんでした。その時僕は「来年は絶対に優勝します」と約束し、この1年間、先輩たちと一緒にかぶっていた帽子をかぶり練習してきました。そしてその帽子をかぶり今年は後輩と決勝の舞台に立つことができました。ここに来るまでに自分たちに敗れたクルーの分までがんばろうと思いスタート地点に立ちました。「アテンション・ゴー」の声とともに決勝が始まりました。準決勝の反省もあり、スタートはほぼ横一線の状態になりました。400m付近から愛媛がどんどん出て行き、700m付近では熊本が1位になり、一艇身差で追うかたちになりました。途中ミドルスパートを入れて他の艇との差が縮まっていきました。ラストスパートは勝つことだけを思い無我夢中で漕ぎました。
 結果は1位と2秒差の3位でした。先輩たちとの約束は果たせませんでしたが、この舞台でいい勝負ができたことは満足しています。後輩の伊藤には来年もあるので、ぜひ全国制覇という約束を果たしてほしいです。今回の大会では自分たちだけの力ではここまでこられなかったと実感しました。今、ボートを漕ぐことができることに感謝しています。これからも南稜高校ボート部は全国制覇を目標にがんばっていきます。応援よろしくお願いします。
 
来年こそ頂点を!
伊藤大生(2年 男子ダブルスカル バウ)
 
 今日は準決勝と決勝を行いました。準決勝では緊張して最悪なレースをしてしまいました。運で上がれたレースでした。決勝では準決勝の反省を生かして全力のレースをすることができたのですが、3位という結果に終わってしまいました。
 途中まで1位になったりならなかったりの接戦だったのですが、最後のスパートが遅れ、相手に前に出られてしまう、とても悔しいレースとなってしまいました。自分には来年もう一度チャンスがあるので、1年間全力で練習して頂点をとりたいです。
 
■2013年8月6日 11:17
「男子ダブル、決勝進出しました!
ゴール間際で、先に出ていた2クルーが腹切りとオールが折れるハプニングがあり、ラッキーの1位で決勝へ!過度な緊張で思い通りに漕げなかったので、次の決勝は思いっきり出しきって優勝をもぎ取ってくれることでしょう!」 松尾顧問より現地レポートメール
 
■2013年8月6日(5日執筆)
悔しい準々決勝3位敗退
国体で雪辱を
川崎あかり(3年 女子シングルスカル)
 
 今日(5日)の準々決勝も昨日の敗復と同じく波が高く荒れた紺ディンションでした。予選ではびびってしまったスタートは今回は強気で漕ぎ出すことができました。5艇中3位の出だしで500mで2位に近づいたのですが、波にオールをひっかけてしまい、また引き離され、そのままゴールしました。あと少しで勝てたレースだったと思います。
 もっとたくさん漕いでいたら、もっとたくさん並んで練習していたら、もっと補強の回数を増やしていたら勝てたかもしれないと思いました。とても悔しくなさけなかったです。国体はこんな結果で終わらせたくないです。あと1ヶ月、悔いが残らないように練習して優勝を目指します。応援ありがとうございました。
 
“南稜高校 川崎” 最後のレース
永井咲衣(3年 マネージャ)
 
今日(5日)は準々決勝でした。5艇中2艇が準決勝に上がれるレースだったのですが、川崎は惜しくも3位でした。インターハイは終わってしまいましたが、彼女は全国選抜で埼玉代表として出場するので今回学んだことを生かせればいいなと思います。
今回私は補助員として参加させていただき、“南稜高校 川崎”としての最後のレースを現地で応援することができてよかったです。応援ありがとうございました。
 
実力を見せつけた男子ダブル
最速タイム
蓜島麗央(2年 男子ダブルスカル補漕)
 
 
今日は準々決勝がありました。
 自分は補漕として永井先輩とともに手伝い、女子シングルの川崎先輩と、男子ダブルの納見先輩
、伊藤を送り出しました。女子シングルの川崎先輩はレース途中でミスをしてしまい、準々決勝
第3位という結果でした。
 男子ダブルはスタートから積極的に出ていって250mあたりでは、2位と一艇身ほど差をつけまし
た。2位と3位の高校も南稜との差を広げまいと追ってきますが、ラストスパートでさらに差をつけて1位で準々決勝を上がることができました。
 しかもタイムは全38クルー中最速の3分29秒34というタイムを出し実力を見せつけることができたと思います。
 明日からどんどんレベルの高いレースになっていくと思うので、どうか応援よろしくお願いします。

■2013年8月5日
県予選で負けたクルーの気持ちを思って
Go final!
松尾亜里紗(顧問)

シングルスカル川崎
 昨日の敗者復活からの苦しい上がりの組合せとなった。スタート付近は相変わらずコンディションが悪く、少し波にオールをとられ、追う展開となってしまった。しかし、根性のある川崎。中盤で気合いのアタックを入れ、2位にせまった。しかし最後はお互いに力漕し、惜しくも3位で準決勝進出ならず。

男子ダブルスカル 納見・伊藤
 スタートはリズム良く飛び出すが、他クルーにじわじわとつめられる。ラフコンでバランスを崩しながら進み、上手く力を出しきれない。最後の最後にやっとキレのあるストロークを見せ、2位と水をあけ1位。明日の準決勝に駒を進めた。
 昨年の新潟インターハイでは、力を出しきれず決勝という舞台に進むことはできなかった。あの時の気持ちを思い出して欲しい。そして、県予選で負けたクルーの気持ちを思って、Go final!決勝で思いっきり戦ってほしい。
 
敗者復活戦 雷雨で2時間半遅れ
ラストスパートで1位通過
川崎あかり(3年 女子シングルスカル)
 
 今日(4日)の敗者復活戦は、雷雨により2時間半遅れました。雷がやんだ後も昨日の予選とは違い、波が高く逆風の厳しいコンディションでした。私が出場する敗者復活戦1組は5艇中、2着までが準々決勝に残れます。
 スタートはゆっくりの出だしでした。となりの4レーンがスタートから飛び出していたのですが、750m付近から徐々に距離をつめ最後は差すことができました。本当はもっとレートを出して漕げばよかったのですが、もしかしたらミスコールをしてしまうかもしれないということが頭をよぎり、ここは確実に漕いで準々決勝につなげようと判断しました。
 明日(5日)の準々決勝は手強い相手ばかりですが、ここで負けるわけにはいきません。南稜高校ボート部は全種目インハイ出場、そして「GO! ファイナル」が目標です。決勝につなげられるように明日は自信を持って漕いできます。応援よろしくお願いします。
 
■2013年8月5日(8月1日執筆)
補漕として選手をサポート
蓜島麗央(2年 男子ダブルスカル補漕)
 
 北部九州総体1日目(8月1日)。5時半に起床して6時からランニングをしました。7時に朝食を食べて、8時に選手たちとともに宿を出発しました。井上先生に会場まで連れて行ってもらい、会場ではオールや工具箱、その他ボートに必要なものを運び、あらかじめ話し合っていたのでスムーズに準備ができました。9時40分に川崎先輩のリギング開始。リギングも順調にこなし、10時50分から納見先輩、伊藤ダブルのリギングもいつも以上に早くできました。
 すべての選手のリギングが終わってから選手たちの漕ぎを見ていました。やはり戸田とは違い波が高く悪いコンディションでした。補漕として選手たちをもっとサポートして明日からさらに頑張りたいと思います。
 選手たちの応援をよろしくお願いします。
 
■2013年8月4日
遠賀川のコンディションに苦戦
先輩のおかげで予選1位通過
伊藤大生(2年 男子ダブルスカル)

 今日(3日)からレースが始まりました。自分は2年でまだまだ経験が浅く、よく緊張もしてしまうので常に自分の最高の漕ぎ、いつもどおりの漕ぎができるように意識しています。しかし遠賀川は非常にコンディションが悪く、スタートやゴール付近で自分がかなりバランスを崩してしまい、オールを水面にすったり艇を左右に曲げてしまい、先輩に迷惑をかけてしまいました。予選はほとんど先輩のおかげで勝てたレースでした。順々決勝では、この反省点を直し準決勝、決勝につながるレースをしたいです。
 
2013年8月3日
明日からレース開始
選手たちを全力でサポート
永井咲衣(3年 マネージャ)

 明日8月3日から福岡県の遠賀川(おんががわ)で行われる全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に出場します。インターハイという大舞台に立つことを目標に今まで様々な練習を乗り越えてきました。
 今大会は川で行われるので風や流れが強く、普段練習している止水の戸田ボート場とはまったく環境が異なります。なので、いつも通りの漕ぎをすることは難しくなると思います。しかし、たくさんの経験を積んできた川崎、納見、伊藤なら勝てると信じています。3人が快くレースにのぞめるように、2年のマネージャと共に決勝まで全力でサポートします。
 応援よろしくお願いします。
 
 
 
 

ボート部 2013年(H24年度)全国選抜

【選手手記】
天竜ボート場から選手の生の声をお届けします。
 
 
■2013年3月23日
順位決定戦 再レースで2位
全体の14位に
女子ダブルスカル 茂原七緒(2年)小沢真夕稀(2年)
  
◇3月23日 9:40の準決勝と16:08順位決定戦
 今日の準決勝ではスタートが出れず焦ってしまい。動きが空回りしてしまいました。風が強く蛇行が多くて、いつも通りの漕ぎができず、結果4位で終わり、悔しい想いをしました。
 16:08の順位決定戦ではスタート直後に隣の艇と接触してしまい、再レースとなりました。再レースではびりスタートで周りの艇が進んでいく中、必死に追いつこうという気持ちが準決勝と同じく空回りして1000m地点までその状態が続きました。
 その時、先生の声が聞こえて、二人で声をかけあい、気合が入って、水中をしっかりつかみ、艇を伸ばすことができました。ラスト900mで強く強く漕いで2位まで追い上げ、ラストスパートで全部を出し切り、結果2位でした。
 それでも悔しい思いをたくさんしたので、次のインターハイに向けて、練習にはげみたいと思います。
 明日はクォドルプルのサポートに全力で取り組みます。
 
夜のミーティングで悔し涙
ネージャー 永井咲衣(2年)

 今日(23日)は女子ダブルの準決勝が先に行われました。とても緊張して漕ぎにも影響が出ていたようでした。女子クォドルプルの準決勝でも波が高くコンディションが悪く100%の漕ぎができなかったようです。午後の女子ダブルの順位決定戦ではスタートに失敗していつもの練習通りにはならなかったようです。
 少しきつい言い方になりますが、今日の南稜高校ボート部全員が悔しく思うレース結果ではないかと思います。毎晩やっているミーティングでも今日は涙を流す選手が多かったです。戸田で応援してくれている部員も結果を見て悔しがっていると思います。心身ともにとても厳しい練習をしてきたのを間近でみてきた私も悔しいです。
 しかし、昨日や今日の失敗を振り返り次に生かそうともう前を向いています。南稜高校のボート部はうるさいくらい元気なところが取り柄です。今大会のことは経験として積めて良かったと思います。終わったらもう気持ちを切り替えて夏に行われるインターハイに向けて部員全員でつらい練習をポジティブに笑顔で乗り越えていきたいです。
  
■2013年3月22日
敗者復活から準決勝へ!
女子ダブルスカル  茂原七緒(2年)
   
3月22日9時48分の予選と午後の敗者復活戦
 今日の予選では、川のながれに流されてスタートに失敗して、出遅れてしまいました。他の艇においていかれて最初はビリでしたが、コンスタントで巻き返すことができました。しかし、結果は5位で敗者復活戦にまわりました。
 午後の敗者復活戦では、風が強く、流れも速くてスタートがやり直しになり、クイックスタートでスタートしました。
 スタートで出ることができて、さらにコンスタントに入ったとき、波が高くて他の艇が止まるアクシデントが多くありました。
 私達はそれをチャンスに変え、声をかけあい、前に出ることができました。
 結果2位で準決勝に出場します。明日も全力をつくします。

悔しい 予選2位通過
女子クォドルプル 黒川結衣(2年)
 
 3月22日10時22分、女子クォドルプル予選2組がスタートしました。スタート後、風と流れにより隣のレーンのクルーとの接触があり、スタートやり直しとなりました。
 そして再スタート後500mまでは並んでいましたが、そこで私たちが少しバランスを崩し、競っていた隣のレーンの相手に出られる形となりました。そしてゴールまで差を縮めることができず、そのまま2位でゴールしました。
 予選は3位までが準決勝に上がれるので、上がれることは上がれましたが、やはり1位通過したかったし、自分たちの漕ぎができていなかったので、明日(23日)は、自分たちの漕ぎで準決勝で1位通過してA決勝に上がれるように頑張ります。
 

ボート部 2013年 インターハイ

■2013年8月6日
 ボート部 インターハイ 最終結果
男子ダブルスカル
納見・伊藤 全国第3位!
決勝戦、僅差の第3位でした。応援ありがとうございました。
 
2013年8月3日
応援しよう! チーム南稜
ボート部 2013年インターハイ
 
 ボート部は、平成25年度高校総体(インターハイ)に出場します。
 今年は「吹きわたれ 若人の風 北部九州へ」と題して北部九州4県で実施されます。競技は8月3日から。出場選手は以下の通り。
 
◇男子ダブルスカル
能見英明(3年)、伊藤大生(2年)、
蓜島麗央(2年 補漕)

◇女子シングルスカル
川﨑あかり(3年)
 
◇マネージャ
永井咲衣(3年)
 
【レース結果】
8月6日のレース 
◇男子ダブル
決勝第3位
準決勝1位通過→決勝へ
 
8月5日のレース 
◇男子ダブル
準々決勝1位通過→準決勝へ
 
◇女子シングル
準々決勝3位→ここで敗退
 
8月4日のレース
◇女子シングル
敗者復活戦1位→準々決勝へ
 
■8月3日のレース
◇男子ダブル
予選1位通過→準々決勝へ
 
◇女子シングル
予選4位→敗者復活へ
 

ボート部 2013年 インターハイ写真集

■2013年8月6日
 
写真が届きました!
上2枚、決勝レースの報道写真です
遠賀川のボートコース
 6日午後の表彰式。全国第3位!
6日準決勝レースに向かう納見・伊藤
準決勝レース
男子ダブルスカル 納見英明・伊藤大生
女子シングルスカル 川崎あかり
現地でもトレーニングは欠かさない
 

ボート部 2013年(H24年度)全国選抜

祝 ■2013年3月24日
ボート部 全国選抜大会 最終結果
女子クォドルプル 全国 第9位
女子ダブルスカル 全国 第14位

■2013年3月23日
ボート部 全国選抜大会
女子クォドルプル準決勝レース3位
 →明日(24日)の順位決定戦(9位~12位)へ
女子ダブルスカル準決勝レース4位
 →決定戦の結果全体の14位決定!
 
■2013年3月22日
ボート部 全国選抜大会
女子クォドルプル、女子ダブルスカルの2種目出場中
 
◆全国選抜大会
日時: 3月21日~ (予選レースは3月22日)
場所: 静岡県浜松市天竜ボート場
種目: 本校は女子クォドルプルと女子ダブルスカルの2種目に出場
(各種目、全国から24クルーが出場し、日本一を争う)
 
2種目とも22日の予選を通過し23日の準決勝に進みます。これで全国ベスト16以内が決まりました。
 

ボート部 2013年 全国選抜

 
【選手写真】
  
■2013年3月23日
準決勝レースに向かうダブルスカルのクルー
 
準決勝レースに向かうクォドルプルのクルー