カウンタ
4月8日からの訪問者317074

携帯電話でのアクセス

携帯電話からもこのページ中央の「新着情報」が閲覧できます。下のニ次元バーコードをご利用ください。
   
 

IMAGINE

2013年 バトン部 ミスダンスドリル世界大会

■2013年5月1日掲載
ミスダンスドリル世界大会レポート
パワフルな演技に感動
ダンスを通じた国際交流
バトン部 副部長 橋本あかり(3年)

 私たちは4月6日にアメリカのカリフォルニア州アーバインで行われたミスダンスドリル世界大会に出場してきました。アメリカ滞在は4月2日から4月8日までという短期間でしたが、大会や現地の人々との交流などを通じ、たくさんのことを学ぶことができました。
 アメリカに着いてから大会までの時間は、各学校ごとの練習の他にアメリカの先生による全て英語で行われたクリニックやアメリカのディズニーランドでパレードなどの振り付けを担当されている講師の方に教えていただくディズニークリニックを受けました。また大会にも出場されたパイオニア高校の生徒さんとの交流会や発表会などダンスを通じて言語の違いを乗り越え楽しく交流することができ、とても貴重な体験ができました。

 大会当日は、日本の大会では感じることができない熱い声援や歓声を肌で感じ、外国人のパワフルかつ繊細な演技を見て感動と興奮をしたと同時に緊張とプレッシャーが一気におそってきました。
 けれど、私たちは日本チームの温かい応援もありポンポン部門で3位をとることができました。そして何より日本から応援してくださった保護者、先生方、コーチ、友達、支えてくださったたくさんの方々のおかげです。本当に感謝しております。
 アメリカで経験したことを生かし、新1年生を含めた52人で次の大会に向け頑張っていきますので応援よろしくお願いします。

 

2013年 バトン部 ミスダンスドリル世界大会

■2013年5月1日掲載
2013 ミスダンスドリル世界大会写真集
アメリカ カリフォルニア州アーバイン
2013年4月2日~4月8日
大会前の南稜選手たちの様子
 
大会前の選手団(上右)、ダンスクリニック(下右)
 
大会での他校の演技(全4枚)
 
南稜の演技(上)と大会後の表情(下左)