カウンタ
4月8日からの訪問者317103

携帯電話でのアクセス

携帯電話からもこのページ中央の「新着情報」が閲覧できます。下のニ次元バーコードをご利用ください。
   
 

IMAGINE

事務室より

事務室より[根記事一覧]

平成29年度9月期(1~3月分)諸会費の口座振替について(0件)管理者2017/09/22(4票)

事務室より


平成30年度入学料、授業料及び学校徴収金の納入について

青字のリンクから確認してください
平成30年度入学料、授業料及び学校徴収金の口座振替を下記のとおり行います。


  1年普通.pdf

 1年外語.pdf
   

2年.pdf

3年.pdf

 

入学料・諸会費の納入や各種の証明書の申請などについて、ご不明なことがあれば事務室にご相談ください。

◇事務室の受付時間
   平日 8:30~16:30
   (土・日・祝日・12/29~1/3は受付できません)
   ご不明な点はお問い合わせください。
   TEL 048-421-1211
*卒業後の各種証明書の申請と入学料・諸会費の減免制度については、下記を参照ください。
 

入学料等の減免制度のお知らせ

入学料・諸会費の減免制度について
  

埼玉県では、授業料・入学料の納入が困難な方のために、減免制度を設けています。

この減免を受けることができる方で一定の基準に該当する場合、本校では入学料に加え、PTA会費・後援会費・冷房設備費が減免されます(授業料については、就学支援金が優先され、免除となる場合もあります)。

 

条件や申請方法等の詳細をお知りになりたい方、並びに申請を希望される方は、事務室までお問い合わせください。

 入学料申請期限 平成30年6月25日(金)
 PTA会費等は随時受け付けしています

 ※ 期限までに申請しないと、申請の翌月からの減免となることがあります

  

 ※ この他に、奨学金の制度もあります。奨学金につきましては、クラス担任又は各学年の奨学金担当までお問い合わせください。 

入学料・諸会費の納入や各種の証明書の申請などについて、ご不明なことがあれば事務室にご相談ください。

事務室の受付時間
   平日 8:3016:30
   (土・日・祝日・12/291/3は受付できません)

   ご不明な点はお問い合わせください。
   TEL 048-421-1211 

 

卒業後の証明書等の申請方法

卒業後の各種証明書の申請について

卒業後の各種証明書等の交付の申請方法は、窓口での書面による申請とインターネットでの電子申請の2通りがあります。

日程に余裕をもって、申請してください。

1 発行手数料について

証明書発行時の手数料として、1通につき400円分の埼玉県収入証紙が必要です。

(収入印紙ではないのでご注意ください。)

 ◎ 埼玉県収入証紙の販売所

   ・埼玉県内の埼玉りそな銀行

   ・埼玉県内の各市役所(さいたま市を除く)、町村役場

   ・県土整備事務所、県税事務所、県内警察署、県庁第2売店(第2庁舎地下1階)

2 申請方法について

 ① 卒業証明書・調査書等の学校窓口交付申請について

 卒業証明書について

   方 法:事務室で「諸証明書交付申請書」に記入し申し込む。

   手数料:1通につき400円分の埼玉県収入証紙(あらかじめご用意ください)

   事務室で即日交付します。

 調査書・成績証明書について

   方 法:事務室で「諸証明書交付申請書」に記入し申し込む。

   手数料:1通につき400円分の埼玉県収入証紙(あらかじめご用意ください)

   調査書・成績証明書等は発行までに1週間程度かかりますので事前に電話でご連絡ください。

 ② インターネットでの電子申請について

埼玉県電子申請システムを利用して、卒業証明書・調査書等の交付申請を行っていますが、 現在、システムの改修中につき、利用を見合わせています。

 利用できるようになりましたら、改めてご案内します(11月頃を予定)。

なお、電子申請システムによる申請を行った場合でも、 証明書の受領は事務室窓口となります。郵送での交付は行えません。

3 その他注意事項

調査書・成績証明書については、指導要録の保存年限により発行できない場合があります。

 交付を希望される方は、事前に電話でご連絡ください。

窓口での受領の際は本人確認のための身分証明書を必ずお持ちください。

郵送での交付を希望される場合は、事前に電話で事務室までお問合せください。

 なお、郵送での交付の場合も、手数料は埼玉県収入証紙での納付になります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

運営経費計算書について
 厳しい財政状況の中でコスト意識を持って学校を運営する上で、財務情報を職員、学校関係者で共有することを目的に、本計算書を作成、公開しています。